トレーニングジムにも種類があります。スイミングからボクササイズ、ヨガなど様々な運動ができる総合ジムや低価格で気軽に通える公共のジム、女性に特化したジムや24時間トレーニングができるコンビニジム。それぞれのジムの特徴やメリット、デメリットを詳しく解説。

パーソナルトレーニングの基礎知識

【ジムの種類】目的や実力に合わせて選ぶトレーニングジムの特徴とそれぞれの違い

更新日:

最近では、忙しい仕事の合間を縫って、定期的にスポーツジムに通い、健康やスタイルの維持に努める人も増えてきましたね。

とはいえ、一口にジムといっても、民間企業が運営するジムや、自治体などが運営している公共のジム、マンツーマンで指導を受けられるタイプのジムなど、その形態は多種多様です。では、現在、実際にはどのようなジムがあるのでしょうか。

このページではそれぞれのジムの特徴について詳しくまとめました。

総合ジム

総合ジム・スポーツクラブ

総合ジム・スポーツクラブ

●代表的なジム コナミスポーツクラブ

スポーツジムといってまず思い浮かべるのがこのような形態のジムではないでしょうか。通常は会員制で民間企業が運営しています。

設備も充実しており、エアロバイクやランニングマシンをはじめとした有酸素運動用のトレーニングマシンから、ベンチ、ダンベル、バーベルといったウエイトのほかにも、レッスン用スタジオや、プール、シャワー、バスルーム、サウナなども完備されています。また、基本的にはスタッフが常駐していて、こうしたマシンの使い方はもちろん、トレーニングメニューの相談などに乗ってもらうこともできます。

料金はさまざまですが、おおよそ月額5,000円~20,000程度となっていていますが、月額制なので頻繁に通うようであれば1回あたりの料金は比較的リーズナブルです。

だだし、専門的なトレーニング指導を受けたい場合には、別料金でパーソナルトレーナーなどを依頼する必要があり、料金は高額になることもあります。

とはいえ、設備が充実していることと、店舗数も多いので、自分のライフスタイルにあわせて、時には運動抜きでゆっくり湯船に使ったり、サウナだけを楽しむといったようなマイペースな利用方法も考えられます。

このため、ジムの利用経験がない初心者から、レベルの高いトレーニングを求める上級者まで、幅広い層で利用しやすいジムといえるでしょう。

公共ジム

市民体育館などの公共ジム

●市民体育館など

最近では自治体によって運営されているスポーツジムも少なくありません。実際には、大手フィットネスジムなどを運営している企業が指定管理者となり、運営を代行していて、公共の体育館などにトレーニングスペースが併設されているのが一般的です。

近年の公共ジムは民間の総合ジムと遜色のない設備を備えているジムも少なくなく、エアロバイクやランニングマシン、フリーウェイトエリアといった基本的な設備から、プールやスタジオも完備されています。ただし、施設によって設備に差はあるので、事前の確認が必要でしょう。

また、スタッフは常駐していますが、通常専門的なトレーニング指導などは受けられません。

このような市民体育館のジムや公共ジムの最大の魅力は利用料金の安さで、1時間100円や、あるいは1日利用しても300円など、非常にリーズナブルです。

このため、ひとまずトレーニングを試してみたい初心者向けのジムと考えがちですが、実際にはトレーニング指導なども受けられないことから、すでにトレーニングに精通しており、自らメニューを組めるような利用者に適しています。

しかしながら、トレーニングに慣れていると設備やサービスの面で物足りなさを感じる可能性もあるため、公共ジムを利用する際には、コストとメリットのバランスを見極めるべきといえるでしょう。

パーソナルジム

パーソナルジム

●代表的なジム RIZAP

パーソナルジムにも、総合ジムのような設備はほぼ完備していますが、スタジオやプールなどを備えているジムはあまり多くありません。

その一方で、基本的に完全予約制でトレーニングは個室で行われます。トレーニング中に人の目が気になることもなく、マシンを利用する順番を待たなくてはいけないというようなこともありません。

最大の特徴は非常に高いサービスが提供されることで、マンツーマンでの指導はもちろん、ほとんどのトレーナーは、トレーニングの資格を持っていて、理論的な裏付けに基いたトレーニングから栄養面を考慮した食事の指導まで、トータル的にアドバイスを受けることができます。

ただし、きめ細かなサービスが受られるということは費用面での負担も大きいということで、2~3ヶ月かけておこなわれる集中トレーニングでは、20万円~35万円といった高額の料金が設定されています。

しかしながら、その費用対効果は高く、確かな結果を求める場合には最適のジムといえます。

女性専用ジム

女性専用ジム

●代表的なジム カーブス

男性の視線を気にすることなく、女性が安心してトレーニングに集中できるのが女性専用ジムです。女性専用ジムにも通常のジムのようにフィットネスジムとパーソナルジムがあり、それぞれ似たような特徴があります。

一般的なスポーツジムのタイプであるフィットネスジムは総合ジム同様、トレーニングマシンやレッスンスタジオ、プールを完備していて、1ヶ月数千円の会員制となっており、気軽にトレーニングとすることができます。

また、パーソナルジムもパーソナルトレーナーによる細やかな指導を受けられる点は通常のパーソナルジムと同じです。

ただし、どちらも女性専用ということから、ダイエット中心になっていたり、産後のボディをメンテナンスするといったメニューが揃っています。

このほかにも、女性専用ならではのサービスが充実していて、スキンケア用品や化粧品といったアメニティが使い放題のジムや、エステでボディメイクをしながらトレーニングを行うことができるジムなどもあります。

ブティックジム

ブティックジム

●代表的なジム リーボッククロスフィットジム、ヨガスタジオ

ブティックジムは現在注目が集まりつつある、海外初の新しいフィットネスジムです。短期間で効果をあげるために、多少利用料金は高いものの、自分の好みで選べる、さまざまな個性的なジムが登場しています。

たとえば、歩くのをはじめ、走る、起き上がる、拾う、持ち上げる、押す、引く、跳ぶといった、日常生活で頻繁に行われる動作を基本としたトレーニングがクロスフィットです。

これは、個人の体力や年齢、トレーニングの経歴に合わせてインストラクターが組んだプログラムをこなすもので、少人数で男女が楽しく行えるのが魅力です。また、このほかにも瞑想を行うものや、さまざまなギアを使って水中エクササイズを行うもの、スティックを手にリズムに合わせてエクササイズを行うものなど、ユニークかつ、ビジュアル的にも映えるさまざまなプログラムがあります。

どのジムも体験が可能になっているので、さまざまなフィットネスの中から、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことができます。

コンビニジム

24時間営業のコンビニジム

●代表的なジム エニタイムフィットネス、JOY FIT24

コンビニジムは24時間営業していて、忙しい生活の中でも、コンビニエンスストアのように利用できるジムをいいます。

総合ジムでも、24時間営業の施設はありますが、コンビニジムには通常スタジオやプールがなく、スタッフ不在の時間帯もあり、グループエクササイズも行われていません。

また、規模が小さいため、マシンやダンベルの種類も限られていて、バスルームはなく、あってもシャワー程度となります。

このように、コンビニジムは簡易ジムといってもいいものですが、利用料金がリーズナブルでコストを抑えられることから、トレーニングに精通していれば、公共ジム同様、必要にして十分な施設といえます。

コンビニジムは都市部を中心に急増しており、通いやすいのが特徴で、利用のしかたによっては、効率のよいトレーニングが可能です。

ジムの種類についてのまとめ

このように、トレーニングジムと一口にいっても、その料金や設備、特徴はさまざまです。もちろん、費用をかければその分手厚いサポートやサービスを受けることができます。

ジム選びでもっとも大切なポイントは、目的や経験、実力に合わせて、自分に最適なジムを選ぶことです。

-パーソナルトレーニングの基礎知識

Copyright© 【痩せるジム検索】パーソナルトレーニングジム比較サイト , 2018 All Rights Reserved.