ダイエットをしているあなた、痩せたいのに何かを食べたくなる欲求に困っていませんか?実は食欲が起こるのには体がある栄養素を求めているからなんです。その栄養素とは何か、その栄養素をとるためにどうすればいいのか、また食欲が起こるメカニズムについてもご紹介します。

パーソナルトレーニングの基礎知識

食欲が止まらない!女性の食欲の原因と抑え方・食べたいを乗り切る方法

更新日:

食欲が止まらない。

我慢できずに食べちゃう。

痩せたいけど食欲が止まらない…そんなジレンマで困っている方、意外と多いんじゃないでしょうか?

今回はどうしたらうまく食欲がコントロールできるのか、食欲の原因、空腹時にどんな風に対策をするといいのか、何をふだんから携帯しておくと便利か、などについてお話ししますね。

食欲が起こる原因はおそらくこの3つ

食欲の原因① 栄養バランスが悪い

ダイエットしているときは、甘いもの・ジャンクフードが無性に食べたくなる!そんなときもあるでしょう。しかしそれは体には決して良くないですし、栄養バランスもいいものではありません。

栄養が足りていないと、また何か食べたくなるという悪循環にもなるので、食事をするときは栄養にかたよりがないか考えて、野菜やたんぱく質など均等にとれる食事を考えるようにしましょう。栄養バランスを保つことで、食べすぎも防げます。栄養分が体内に満たされていれば、体もよけいな食べ物を要求しなくなるはず。

食欲の原因②原因2 ストレスから

やはり心が満たされていない、ストレスが溜まっているとついつい食欲に走ってしまうというもの、「やけ食い」なんて言葉もありますよね?そんなときにスイーツを食べる自分に罪悪感を感じて責めてしまう人もいるかも…。でも決してあなた自身を責めちゃだめですよ。

食べることに罪悪感を抱くと、食べても満足感が得られず、結果ストレスから過食になるので、よろしくないのです。たまには好きなもの・甘いものを食べる日=ごほうびデーだって必要なので、そんなときは罪悪感を持たずに自分を解放して好きなものを食べましょう。

食欲の原因③ 生理の前後

中には生理前後・生理中に食欲が増進する人もいるようです。体が本当に食べ物を要求しているわけでなく、食べているときの脳の快感や刺激を覚えていて、その状態を欲してしまうのです。このような興奮状態を収めるには、食べる前にスイーツなど、好きな食べ物の写真を見てまず心を落ち着かせましょう。それだけでも自然と少し食欲も収まって来るはずです。

食欲はどうやって抑えればいい?食欲を抑える方法4つ

食欲の抑え方① タンパク質をとる

私たちは年齢や体型とは関係なく根本的に「たんぱく質」を求めていて、たんぱく質を摂取すると空腹が抑えられることも研究でわかっているんですって。つまりたんぱく質をとらないと、それまでずっと食べ続けてしまう危険性もあるわけなんです。ふだんの食事でたんぱく質をきちんととるようにしましょうね。

たとえばたんぱく質の含有量が多い食物(100gあたり)は、かつおぶし・煮干し・するめ・ビーフジャーキーなどが挙げられます。するめやビーフジャーキーは噛み応えもあるので、噛むことで満足感も得られて、お腹がいっぱいになりそう。持ち運びもできるし便利です。もちろん今はやっている「プロテインバー」でもOKですし、ゆで卵なんかもいいんですよ。

食欲の抑え方② 炭酸水を飲んで満腹感を

炭酸水を飲めばお腹がいっぱいになり、一時的ではありますが、満腹感を感じることができます。しかし少しの量では効果がありません。500ml程度は飲むようにします。

甘い炭酸水でなく無糖にしましょうね。そしてできれば常温で飲んだ方がいいです。

食欲の抑え方③ 水をまめに飲む

「水ダイエット」という言葉もありますが、水を飲んでおけばその分食欲も抑えられます。体の渇きを食欲と脳が勘違いする場合もあるので、水も適度に飲むことが大事なんです。

水でもお湯でも構いませんが、冷たい水は胃腸機能をダウンさせるので、白湯のほうがいいでしょう。水を飲めば代謝能力もアップするので、ダイエットにも役立ちそう。

食欲の抑え方④ 暇な時間をなるべく作らない

つい暇でぼ~っとしていると「口さみしい」と思って食べ物を口にしてしまうことってありませんか?

忙しかったら「何か食べよう」というのもよほどお腹が減らないと考えないのではないでしょうか。忙しい時間を作って、家の中でも趣味に没頭する時間をとるようにし、間食をする時間をなくしましょう。

食欲を乗り切るためにプロテインを持ち歩くのがオススメ!

ソイプロテインよりもホエイプロテイン

食欲の抑え方として「プロテインがいい」という話をさっきしましたが、プロテインにも種類があります。ホエイプロテインは牛乳に含まれていて、ソイプロティンは大豆に含まれています。「ホエイ」とは乳清のことで、ヨーグルトの上澄み部分にできる液のことです。この液に含まれているのがホエイプロテインなんですね。

日本ではウエイトダウンとして「ソイプロテイン」が多く販売されていますが、海外では飲まれていません。ソイには遺伝子組換えされている可能性があるからです。また、様々な点でソイプロテインよりホエイプロテインの方がすぐれているという結果が出ているそうです。

ホエイプロテインの方が味が飲みやすく、体へ吸収される速度も早いのでおすすめです。

水溶性ビタミンやミネラルも含んでいるのがホエイプロテインであり、アミノ酸も多く入っているので、筋力アップにもつながります。

飲みやすいもの(味は大事)

プロテインで飲みやすいフレーバーですが、以前とくらべずいぶんいろんな種類の味が出てきたので、かなり飲みやすくなっています。ココア味・チョコレート味やバニラ味、コンソメ味などもあるのでおすすめです。

それぞれ好みもあると思うので、まず少量タイプで買って試してから自分の好きなフレーバーを見つけましょう。

買い続けられるもの(コスト)

長く続けるのには高いものは困りますよね。やはりコスパがよくないと続けられませんし、味もいいのに越したことはありませんね。

とくに評判がいいのは「オプティマムニュートリション Gold Standard」ダブルリッチチョコレート味。水や牛乳に溶けやすく、ビタミンやミネラルの配合もないので、純粋にたんぱく質をとることができちゃいますよ。

「マイプロテインのIMPACT」 ホエイ ナチュラルチョコレート味もビギナーさんにはおすすめですが、公式サイトでの購入は安いものの配送に日数(2週間程度)がかかるので、早く入手したい方は値段もそれほど変わりはないようなので、Amazonを利用するのがいいでしょう。

国内のメーカーでは、「明治 ザバス ホエイプロテイン100」 ココア味、たんぱく質のほか、ビタミンBやCも含んでいるので、バランスよく栄養をとりたい人向けです。価格も国内のものとしては安価なので、国内の商品にこだわる方はこちらがいいかも。

おわりに

今回はダイエット中の止まらない食欲にお悩みの方に、どうして食欲は起こってしまうのか、食欲を抑える方法や何をそのために食べるといいか、おすすめのプロテインについてお話ししてきました。

食欲と闘うのは大変なこと…食べすぎを反省する人もいるでしょうが、ダイエットもあまり根をつめすぎるとかえって体によくありません。

たまには自分の好きなものを食べてもOKの日を作りましょうね。

-パーソナルトレーニングの基礎知識

Copyright© 【痩せるジム検索】パーソナルトレーニングジム比較サイト , 2018 All Rights Reserved.